株式投資、と聞くと少しハードルが高そうなイメージがあるかもしれません。失敗したら大損してしまう、とか、始めるまでに勉強がたくさん必要、とか。
確かに、少ない資金や短い期間で大きく稼ごうとするとそういうイメージもあるかもしれませんが、気軽に、ほったらかしでお得に利益を得る方法があります。それが、配当と、株主優待です。
とりわけ、株主優待は、お金ではなくその企業によって内容が大きく変わってきますので、優待目的で株を選ぶなどの楽しみがあります。例えば外食産業であれば、お食事券や、ギフトセットだったり。美容業界であれば、化粧品がもらえたり。
ちなみに、この株主優待ですが、単にバラエティに富んでいるだけでなく、どの企業の株主優待をもらうかによって、どれくらいお得か、というのも全く変わってきます。

配当だと、得られる一株当たりのお金を株価で割って計算する、配当利回りという分かりやすい指標を出すことができるのですが株主優待だと、モノなので少しわかりにくいですね。
ですが、実は株主優待にも「利回り」という考え方があります。もらえる金券や商品をお金に換算して、株価で割る、という方法で計算を行うことで、「配当利回り」というものを出すことができるのです。
この数字を出してみることによって、その株の優待がどれだけお得か、ということが分かってきますので、この利回りの高い株を買ってみる、というのも立派な投資判断の一つだと言えるでしょう。
今まで全然知らなかった会社を、高い配当利回りを出すから、ということで株を買ってみて、それで受け取った優待を使ってみたところ意外とよくてファンになってしまった、なんてことがあったりして、面白いかもしれませんね。
株主優待、というのは企業が株主に対して出すお礼、お楽しみという意味合いが強いので、そういった新たな出会いというのも、すごく意味のあるものです。そうやって株を選んでいくことで、気軽に投資家デビューができるかもしれません。

女性には美容系の株主優待がおすすめ

そんな、消費生活にも密着した株主優待ですが、女性におすすめなのは、美容業界の株を買ってみることです。美容業界は、やはりその優待として化粧品を採用しているところが数多くあります。
例えば、業界トップの資生堂も、株主優待として会社の化粧品の中で指定のものを一つ、受け取ることが出来る人気の株主優待銘柄だったりします。資生堂ファンにはたまらない特典です。
ただし、株主優待を受け取る、という一点について考えてみると、1000株以上、1年以上の保有をしなければならず、必要資金は30万円以上。投資家デビューとしては少しハードルが高いかもしれません。

また、もらえる化粧品を金額換算して株価で割った「優待利回り」も1%を切っており、決して高いとは言えません。同業のコーセーであれば10万円ちょっとから始められ、利回りも1%を超えているので、そこだけで見ると、コーセーに軍配が上がるかもしれません。
こういった比較も株式投資の魅力です。資生堂もコーセーも有名な企業で、人気のある化粧品を作っています。しかし、そうやって優待の少しでもお得な銘柄と探していくと、まだあまり名前の知られていない、美容業界の株に行きつくかもしれません。
そして、株主優待で今まで見たこともないような化粧品を受け取り、使ってみたらハマってしまったなんてすばらしい出会いが待っているのかもしれないのです。

もし、まだ無名な企業の素晴らしい商品を知ることが出来たら、その株は大きく成長する可能性を秘めているかもしれません。そういったポテンシャルを自分自身が消費者として体験することで、見つけ出すことが出来るのです。
それも、タダで。これはどれだけ経験を積んだプロの投資家であっても、男性であるだけで絶対に持ちえない女性ならではの視点です。そういったお宝銘柄を探す、という意味でも株主優待は気軽なものです。是非、気軽に足を踏み入れ、株式投資の世界にデビューしてみてください。