投資初心者は低位株から始めるのもいいでしょう。低位株は初心者でも投資しやすいというメリットもあります。ボロ株と考えられていることが多いため株価が必要以上に安くなっているので、なかなかそれ以上値下がりしにくいということがあるからです。
株の特徴として評価が高いものは必要以上に評価されて値上がりし、評価が低くなると必要以上に叩かれて安くなるということがあります。ですから、低位株はかなり株価が安くなりすぎていることが多いと考えられるのです。
必要以上に評価が悪いと、少々の悪材料が出てもそうしたことも盛り込み済みということで、なかなか株価が下がりにくいことがあります。そして、好材料が出るとあっという間に高く買い戻されていくことになります。これがボロ株の魅力の一つといえるでしょう。
低位株はなかなか値下がりしにくいことと、値上がりするときには大きく値上がりする可能性があるということが魅力です。
また、初心者にとっては株価が安くなっていますから買いやすいということも魅力です。資金が比較的少なくても買えるということは、資金力がない時には大きな意味を持つことになります。投資の対象となりえるという点でも大きな魅力でしょう。

ただ、低位株は仕手筋によって価格を大きく振られる可能性もあるという注意はしておく必要があります。株価が安くなっているので、仕手筋が株価操作しやすい状況になっているので、いつどこで仕掛けられるかわかりません。その他にも倒産のリスクなども高いことが考えられますから、低位株は油断禁物の金融商品だと考えるべきです。

全ての投資についていえることですが、リターンが見込めるということはリスクもあるということです。特に低位株は評価が低くなっているので株価が安くなっているというはっきりとした理由があることがほとんどです。評価が悪いということは、それなりの理由があるわけで、倒産などのことも考えられるようなケースがあるということは覚悟しておく必要があります。

低位株は仕手筋に狙われやすい?

低位株は仕手筋に狙われやすい株だといえるでしょう。仕手筋は価格操作をすることで、人々の恐怖心をあおって、売買させることを狙います。ということは、自分たちで価格が操作できるものを選ぶことになります。
となると高い株はなかなか価格操作することが出来ませんから、自分たちの資金で操作できるものを狙うことになります。つまり、価格が安い株を狙ってくるわけです。となると価格の安い低位株は格好の狙い目となりやすい対象です。

しかも、情報操作もしやすいということもあります。低位株は悪い情報が流れたことで価格が大きく下落したという経験があるものがほとんどです。ということは、こうした株を売買している人はこうした情報に過敏に反応するようになっているのです。
となると、仕手筋はこうした雰囲気の中で情報操作もして、自分たちの都合のいいように情報を出していくことも考えられます。低位株は株価全体が安くなっているので、少しの人の動揺した売買であっという間に値動きがおきるという特徴があります。
そうなると、売買をする人の不安が不安を呼ぶという負の連鎖がおこりやすくなり仕手筋の思うがままに価格を操作しやすくなります。

仕手筋が狙うのはこうした価格操作をしやすい株です。低位株はそうしたことが考えられるので、油断禁物の金融商品だと知っておく必要があります。仕手筋が仕掛けてくると急に価格が大きく動いたり、巷に根拠のない不思議な情報が多く流れてきたりします。いつこうした仕掛けがあるのかは誰にもわかりませんから、こうしたことがあるということを事前に知っておくことが大切です。そして、仕掛けてきた時には、荒い値動きに動揺したりすることのないようにすることが大切です。