資産運用をするためには、様々な手段があります。
貯金も資産運用の1つですし、比較的安全な資産運用の手段としては、個人向け国債があります。
将来的なことを考慮するならば、確定拠出年金も有効な資産運用です。
しかし、これらは長期的な資産運用の手段であり、運用したお金が大きく増える可能性は、決して高くはありません。
資産を増やすという点では、損失を発生させる可能性はあるものの、株式や債券がおすすめされています。
しかし、株式や債権で資産運用しようとすると、大きな金額が必要なので、個人では手を出せないことが多々あります。

投資信託を利用すると、個人でも少額から株式や債権の取引が行えるので、おすすめです。
また、投資信託には、個人での投資にはないメリットがある点でも、おすすめできるものです。

投資信託のメリットとは?

100円玉

投資信託の大きなメリットとしてはまず、少額からでも株式や債権での資産運用ができることです。
個別の株式銘柄や債券には、購入時の最低単位が決められていて、1口100万円以上からということも、珍しくはありません。
また、個人で銘柄を選んで購入すると、分散投資をやりづらいので、特定の企業や産業の影響を大きく受けてしまいます。
さらに、投資を成功させるためには、常に情報収集をしていなくてはならず、個人で行うには、非常に難しい面があります。
投資信託にすると、1口100円程度からなど、少額な資金でも購入が可能で、個別に株式や債権を買うときのように、大きな金額を用意しなければならない必要はありません。
また、毎月1000円といったような、少額の積み立ての投資信託もできます。
オンライン上から簡単に購入できることも、大きなメリットです。
優秀な資産運用のプロに、投資を任せることができるのも、大きなメリットの1つです。
資産運用のためには、様々な知識が必要です、株式や債権のことだけではなく、他の投資のことも知っておく必要があります。
また、株式の価格は特に、企業や経済についてのニュースに左右されやすいので、普段から海外のことを含めた、多種多様なニュースを調べ、精通しておく必要があります。
さらに、効果的に投資をし、資産額を増やしていくためには、今後の各業界のトレンドなども詳しく知っている必要がありますが、個人でここまでの情報を、普段の仕事などもしながら、押さえておくのは困難です。
投資信託を選ぶことによって、プロに投資を任せることができ、必要な情報量は大きく減るので、普段の業務に支障が出ることもありません。

投資信託のタイプ

また、投資信託には様々なタイプがあり、毎月分配金をもらえるものもあります。
投資信託では、プロが株式や債権で運用しており、投資先では配当金や利子が発生しています。
この配当金や利子も、お金を預けた人の収入となるため、分配金という形で配分されるのです。
高配当が見込める銘柄を投資信託に見つけてもらうという方法が利用目的の一つになります。
また、繰越利益や、値上がり益も分配金として配分されることがあります。
資産が増えるだけではなく、分配金ももらえることも、投資信託の大きなメリットです。
投資信託では、優秀なプロが分配投資をしているので、大きな値下がりをしにくいというのも、メリットです。
投資信託で集まったお金は、特定の企業の株式や債権だけに投資されるのではなく、様々な銘柄に分散投資されます。
一部の業界では影響が大きい経済変化があっても、その他の企業はほとんど影響がないことは、よくあります。
プロが分散投資してくれることによって、大きな値下がりを防ぐことができます。
また、投資信託は少額から可能なので、様々な企業が用意している投資信託に少額ずつ投資することで、投資信託の分散投資ができるのも、メリットの1つです。
資産運用で株式や債権に投資をする場合、情報や知識は本当に大切です。
経済新聞や専門誌を読むことは、投資をする上で非常に大事なことです。
しかし、経済新聞などは、どちらかというと分析が中心になされており、最新のニュースを受け取るために向いているものではありません。
最新のニュースを確認するためには、オンライン上を常にチェックしておかなければなりませんが、普段の生活や仕事もある個人では、現実的には不可能です。
優秀なプロに任せることによって、普段の情報収集から解放されて、自分の業務に集中することが簡単になります。
また、投資をするためには、海外のニュースチェックも欠かせませんが、英語などの語学に堪能でないと、難しいです。
しかし、優秀なプロなら、海外の情報も確実に拾い上げた上で、資産運用の投資先を決定するので、ギャンブルのようなものではなく、確実に利益がでるように分散投資してくれます。
このように、投資のための情報収集の時間を大きく短縮できるのも、大きなメリットです。

そもそも投資信託(ファンド)はどういう仕組み?

投資信託は、「投資家から集めたお金をひとつの資金としてまとめて、優秀なプロが株式や債権で運用していく」というものです。
ですので、元本割れをしない、普通預金や定期預金などとは、違うものです。
投資信託では、銀行、郵便局などの窓口から少額の資金を集い、集まった資金は、信託銀行というところに預けられ、投資の専門家が状況を判断しながら、どの株式や債権を購入し、利益を出していくかを判断していくものです。

投資信託を始めるまでの流れ

PCを触る男性

投資家はまず、投資信託を扱っている銀行などで、どの投資信託を購入するか選びます。
投資信託は様々な種類があり、各窓口で扱っているものは変わります。
また、最近ではオンライン上でも、投資信託は購入でき、手数料の安さなどから人気があります。
いったん投資信託の購入を決定すると、どれだけの資金を投入するか決めて、その額を支払います。
また、投資信託の販売をしている企業などは、あくまで窓口なので、投資信託を販売している企業が倒産しても、投資家の資金には何ら影響はありません。
投資家によって支払われたお金は、受託銀行というところに預けられます。
実際に、お金を株式や債権に投資して、利益を発生させていくのは受託銀行ですが、運用の方針を決定するのは、別のところです。
また、受託銀行では、投資信託と関係する資金は、銀行自体の資金とは、分けて管理することが法律によって義務付けられています。
なので、仮に受託銀行が倒産するようなことがあっても、投資家の資金には影響を与えません。
投資家から集まった資金を、どのように運用するか決定するのは、販売会社でも受託銀行でもなく、運用会社です。
運用会社では、どのように資金を運用すれば、利益が確実に出るのか決定され、優秀なプロであるファンドマネージャーが、様々な情報を元に方針を決めていきます。
運営会社は、資産運用の方針を決めるだけなので、運用会社が倒産したとしても、投資家から集まった資金に影響はありません。
投資信託ではこのように、投資家から資金を集め、優秀なプロのファンドマネージャーが運用していくものです。
また、投資家の資金に関係する企業が倒産しても、資金には何ら影響を与えないシステムになっていますので、安心してお金を預けることができます。

また、投資信託には様々な種類のものがあり、目的に合わせて選べます。
公社債投資信託と言われるものは、国債や地方債、社債などを組み合わせて運用するもので、株式は一切組み込まれません。
また、通常の投資信託でも、国内株式中心のもの、国内と海外の株式を組み合わせたもの、株式の他に債権を組み合わせたもの、インデックスファンドと呼ばれる市場平均と同じ動きを目指すもの、などがあり、どのような資産運用をしたいかで、株式や債権の割合を変えることができます。
しかしながら、どのような投資信託であっても、基本的なシステムは同じです。
投資信託の基本的な仕組みは、少額のお金を集め、一つの大きな運用資金にして、プロのファンドマネージャーが運用していくというものです。
個人で資産運用するよりも、非常に大きな資金が集まる仕組みになっているので、様々な企業の株式や債権に、分散投資することが容易にできます。
また、運用に関係する、たくさんの人間が運用会社には集まるので、情報や知識を共有しやすく、情報面や人材面でも、効果的な投資ができる仕組みが出来上がっています。
投資にも様々な種類があり、株式だけでも、投資の対象となる企業は数多くあります。
運用会社には、優秀なファンドマネージャーが集まっています。
各マネージャーの得意分野の情報や知識を社内で共有し、利益を大きく出しながら、損失を少なくしていくための、効率的な分散投資ができる仕組みになっています。
個人で投資をするよりも、投資信託の方が、利益が出せる仕組みが整っているので、効果的です。

投資信託にもデメリットはある

投資信託は非常にメリットが多く、おすすめされるものではありますが、当然デメリットもあります。
資産運用の手段として、株式や債権を利用すると、例外なく元本割れなどのリスクはあります。
投資信託も例外ではありません。
まず、投資信託には、元本保証がなく、元本割れの可能性があります。
優秀なプロのファンドマネージャーが運用しているとはいえ、経済状況は非常に早く変化しますし、判断を間違えてしまうということもあり得ます。
普通預金や定期預金のような、元本保証はされていないので、投資信託を資産運用の手段として選ぶ場合、元本割れのリスクがあるということは、考慮しておきましょう。
また、分配金に関しても、支払われないことがあります。
分配金は、預金金利とは違い、運用の利益の一部が分配金という形で支払われているだけです。
過去の運用の成績次第で、分配金は増えることもありますが、当然、減ることもあります。
そして、運用成績が極端に良くない時があれば、分配金に関してはまったく支払われない時もあります。
分配金が支払われるタイプの投資信託を選んでいたとしても、まったく支払われないこともあるので、注意が必要です。

手数料の問題

また、投資信託には手数料がかかります。
購入するときに販売手数料がかかることが多く、手数料は決して安くはありません。
販売手数料が、購入額の3パーセント程度になることもあり、場合によっては購入額の4パーセントになる時もあります。
100万円分購入した時に、手数料が4万円かかることもあり得るのです。
また、信託報酬という、プロにお金を預けるための手数料が、毎年発生します。
信託報酬は年間1パーセント前後を支払わなければならないものもあり、決して安い金額ではありません。

投資信託で支払う手数料は、決して安価ではありません。
買うとき、保持するとき、そして場合によっては売却するときにも安くはない手数料が発生します。
信託していた資産は値上がりしていても、手数料を引かれて元本割れになってしまうような場合、勿体ないことになってしまいます。
投資信託は、種類によって手数料が大きく変わることがあるので、コストに敏感になり、利益を出しながら手数料を抑えるようにすることが、理想的です。

また、分散投資をしているとはいえ、株価全体が下がるような経済状況になると、当然影響を受け、元本割れの可能性があります。
分散投資できることはおすすめの要因ですが、いくら分散投資しているとは言え、大きな不景気にみまわれて、株価全体が値下がりするようなことがあれば、投資信託も値下がりする可能性が、非常に高いです。
このような値下がりを避けるためには、債権中心に信託するべきですが、その場合には平均の利回りは小さいことが多く、大きな利益には結び付きにくいです。

他にも、投資信託では、金利や為替の動きによって、元本割れしてしまう可能性のものもあります。
信託時に、資金が運用される先は、国内の株式だけではないので、金利や為替のような、数多くの経済指標の影響を受けます。
このように、株式信託にも、数多くのデメリットがあります。
しかしそれでも、個人で株式や債権に投資をしていくことは、現実的には困難です。
資金も大量に必要ですし、集めなければならない情報も、個人でするにはあまりにも多いです。
確かに、投資信託には、確かに元本割れや、分配金が配当されないこと、手数料が高いなどのリスクも存在しています。
しかし、分散投資が可能な事や、プロの優秀なファンドマネージャーが運用を代行してくれるのは、大きな魅力です。
確かに、個人でも資産運用の手段として、株式や債権に投資することはできます。
個人で投資を行うよりは、明らかに投資信託を選んだ方が、効果的で簡単です。
投資信託は、数多くのメリットがあり、資産運用の手段としておすすめです。